安易にフリーランスになるのは危険!まず組織で経験すべきスキル3選

フリーランスキャリア・スキル
スポンサーリンク

はー、もう限界!

独立してフリーランスになって、ノマドワーカーでやっていくぞ!

この気持ちすごくわかります。

ただ、組織で経験を積んでからでも遅くはないと思います。

 

本記事を書いた僕は、

  • エンジニアとして20年以上のキャリア
  • 大手IT企業のマネージャ職を経験
  • フリーランスの採用判断を任されていた経験

があります。

 

多くのフリーランスエンジニアの方の人生を見てきました。

成功している人もいれば、失敗されている人もいます。

失敗している人の方が多いかもしれません。。

 

このため、

どうしても、軽い気持ちでフリーランスをおすすめすることができません!

 

その内容を本記事に書きました。

【本記事の内容】

・フリーランスで独立する前に考えてほしいこと
・フリーランスになる前に組織(企業)で経験すべきスキル3選
スポンサーリンク

フリーランスで独立する前に考えてほしいこと

考え込む人
新卒からフリーランスでバリバリ稼ぐという人がいても良いと思います。
例えば、
  • とにかくプログラミングが好き
  • 高いプログラミングスキルをすでに保有
  • この先ずっとプログラミングで食べていきたい!
という方はフリーランスに向いていると思います。

 

ただ現実はそこまで甘くはありません。。

 

理由としては
「若いころにフリーランスになり、40代、50代になり苦しんでいる人を間近で見てきている」
からです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ブロガーの方で

プログラミングが得意でフリーランスになり、

フリーランスを強く推奨している方をよく見ますよね。

 

その方たちに共通して言えるのが、、

 

スキルを陳腐化させないために

並々ならぬ努力を積み重ねているということです。

 

僕のような凡人には絶対できません。

 

一方で、

フリーランスとして独立後、ベンチャーとして起業した方のプロフィールを見ると元大手IT企業だったりしませんか?

 

つまり

「フリーランスまたは起業で成功している人の多くが、組織での経験をしてから独立している」

ということがわかります。

 

まずは企業に就職して、組織での経験を積み、

組織活動の「良い・悪い」を経験してから

独立を考えても良いと思います。

 

スポンサーリンク

フリーランスになる前に組織で経験すべきスキル3選

スキル

それでは組織(企業)で経験すべきスキルについて説明していきます。

下記の3つのスキルが身についていないと気付かれた場合は、

今いる企業の中で経験できるようアプローチしてみましょう。

 

セキュアプログラミング

フリーランスになる人の多くが

「プログラミングが得意なアプリエンジニア」

です。

 

ただWeb系に進むのであれば、

「セキュアプログラミングの知識」

は必須です。

 

セキュアプログラミングの知識がなければ、

Webアプリとして動作するけど脆弱性がある

コードを書いてしまいます。

 

そうすると自身が担当したWebサイトがハッキングされ責任を問われることになります。

社会的責任は発注元の企業になりますが、今後のフリーランスとしての信頼度に関わってくるため、セキュアプログラミングの知識はかなり重要です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

それでは、

「プログラミング言語は何がいいか」

ですが、、

今だとPythonがおすすめです。

 

世の中には様々なプログラミング言語があります。

プログラミングと言えば、

  • Ruby
  • JavaScript

を思い浮かべる人も多いと思いますが、

これらの言語に負けないくらいの

  • ライブラリ(プログラムの部品)
  • ツール
  • Webアプリケーションフレームワーク

が充実しています。

 

ちなみに、インフラエンジニアを目指す場合もプログラミングの知識はあったほうが良いです。

 

品質評価

フリーランスに発注する側の立場で考えてみましょう。

フリーランスに頼んだけど、品質は大丈夫かな?

と思いますよね。

 

企業でプログラミングを使った受託開発業務をする場合は、

「品質評価指標」

が顧客から必ず求められます。

 

つまり、

どういう根拠で品質に問題ないと判断したか

ですよね。

このため品質評価指標の理解はとても重要です。

 

代表的な例として以下2つを説明します。

テスト密度 = テスト項目数 / 開発規模(ステップ数)
バグ発生率 = バグ件数 / 開発規模(ステップ数)

 

分母の開発規模(ステップ数)の数値については、

  • 発注元から指定
  • 実際にコーディングしたステップ数

のどちらかになるのが一般的です。

 

コミュニケーション

フリーランスになる理由として、

「組織の人間関係が嫌で一人でやっていこうと決断した」

という方は結構いると思います。

 

ただし、独立する上でコミュニ―ション能力は非常に重要です。

なぜならフリーランスになると、自分で仕事を取ってくる必要がありますよね。

 

つまり、

自分をどう売り込むか

が重要になります。

 

高いスキルを持っていたとしても、発注側にアピールできなければ仕事が入りません。

どうしてもコミュニケーションが苦手な人は、フリーランスを紹介してくれるサービスもあるのでそちらを利用することをおすすめします。

 

=====================

 

実際にフリーランスになった際は、社会保険や確定進行の手続きが必要になりますが、これは地方自治体の窓口に行けば、意外と丁寧に教えてくれますので、そこに関してはフリーランスになる前から心配する必要はありません。

 

本記事は以上となります。

この記事が気に入っていただけたらフォローお願いします!